【解析】ボタニストスカルプクレンズを美容師が正直レビュー&口コミ評価!知っておきたい注意点まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
リニューアル後のボタニストシャンプースカルプクレンズはどう?

頭皮をすっきり洗いたい方に◎!ただ刺激性ある成分もあるので、頭皮ケアするならルースラインをおすすめしたい。

こちらの記事ではリニューアル後のボタニストシャンプースカルプクレンズを美容師が解析&レビュー。

2023年リニューアル後の最新ボタニストシャンプースカルプクレンズを解析!
ボタニストシャンプー全5種類の違いやおすすめはこちら

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ
BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

まずはじめに結論から書くと、ボタニストシャンプースカルプクレンズは頭皮をすっきり洗いながらケアしたい方におすすめ。

美容師の大脇

ボタニストの中でも一番洗い心地がスッキリ感あり、ヘアケアより頭皮ケアを重視したい方に◎

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ&トリートメント

逆に注意点としては、頭皮ケアに重点をおいたシャンプーなためヘアケア目線(髪のまとまり感、ダメージケアなど)ではいまいち物足りなさあり。

またリニューアル後は一部頭皮に刺激性ある成分が追加配合されてるため、痒みでやすい方にはあわない可能性も。(詳しくは記事で解説)

美容師の大脇

結論、個人的にボタニストで頭皮ケアするならルースラインがおすすめです!

ボタニストルースシャンプーシリーズ
地肌ケアできるボタニストのルースシリーズ

こちらの記事ではボタニストシャンプースカルプクレンズをおすすめしたい方や、シリーズの違いをまとめたので参考にしてください。

ボタニストシャンプースカルプクレンズまとめ
  • すっきりした洗い心地が好きな方に◎
  • 仕上がりはサラッと軽めの質感
  • リニューアル後は頭皮に刺激性ある成分が追加
  • 痒みでやすい敏感肌の方は△
  • 個人的にボタニストで頭皮ケアするならルースラインがおすすめ
スッキリ頭皮ケア

WRITER

美容師 大脇貴志

商品は実際に使用&撮影してレビュー

日本化粧品検定 特級コスメコンシェルジュ

化粧品成分検定1級 (上級スペシャリスト)

運営者情報はこちらから

訪問美容サロンRingo代表

レビューガイドラインはこちらから


目次

ボタニスト ボタニカルシャンプースカルプクレンズの基本情報 & 評価

商品名
BOTANIST ボタニスト
ボタニカルシャンプースカルプクレンズ
価格1,540円(税込)
メーカー株式会社I-ne
主な洗浄成分酸性石鹸×タウリン
洗浄力強め
内容量460ml
1回のコスト目安
※2プッシュ(6mlで計算)
約20円
1本の消費期間目安
※2プッシュ(6mlで計算)
約2ヶ月半
香りみずみずしく爽やかなライムとリーフグリーンの香り /シャンプー
清々しく澄みわたるグレープフルーツとセージの香り/トリートメント
購入先ドラッグストア
バラエティショップ
ネット通販

当メディアの評価

ボタニストシャンプー スカルプクレンズ
総合評価
( 4 )
メリット
  • 低刺激ながらすっきり洗える
  • 地肌ケアに優れた保湿成分あり
  • 泡立ちがよい
  • サルフェートフリー
  • シャンプーとトリートメントで違った香りを楽しめる
デメリット
  • 一部頭皮に刺激性ある成分あり
  • リニューアル後は内容量が少し減った
洗浄力
マイルド
適度
強め
仕上がり質感
サラサラ
なめらか
しっとり

【成分解析】ボタニストシャンプースカルプクレンズがおすすめな方

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズの成分解析

実際に使ってみた感想や成分解析をもとに、ボタニストシャンプースカルプクレンズがおすすめな方はこちら。

おすすめ!
おすすめしにくい
  • すっきり洗いたい
  • ヘアより頭皮ケア重視
  • サラサラ好き
  • ペタッとしたくない
  • 控えめな香りがいい
  • 広がり抑えたい
  • しっとりまとめたい
  • 頭皮に痒み出やすい
  • カラー&ダメージ毛
ボタニストシャンプースカルプクレンズの解析まとめ
  • 低刺激ながら強めな洗浄力で、すっきり洗いたい方向けのシャンプー
  • 仕上がりはサラッと軽めで、ヘアケアより頭皮ケア重視の方に◎
  • トリートメント主剤に刺激性が少ない第3級アミン塩を使用
  • とはいえシャンプーには一部頭皮に刺激性ある成分もあるので注意
成分表はこちらをタップ!

水、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、シラカンバ樹液、ガラクトミセス/シラカンバ樹液発酵液、トウミツ、スフィンゴ糖脂質、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、加水分解野菜タンパク、グリチルリチン酸2K、ブドウ種子エキス、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、ローズマリー葉エキス、酒粕エキス、アルギニン、リンゴ酸、ポリクオタニウム-10、BG、デシルグルコシド、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、PEG-30フィトステロール、PEG-40水添ヒマシ油、水添レシチン、水添リゾレシチン、ジステアリルジモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、フィトステロールズ、ラウラミドプロピルベタイン、ペンチレングリコール、ヘキシレングリコール、EDTA-2Na、エタノール、塩化Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

低刺激ながら強めな洗浄力で、すっきり洗いたい方向けのシャンプー

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ
洗浄力
マイルド
適度
強め

ボタニストシャンプースカルプクレンズの洗浄成分は、低刺激ながらさっぱり洗える酸性石けんやタウリン系をベースに、全体的に強めな洗浄力といったところ。

ボタニストスカルプケアの洗浄成分(配合が多い順に)

ラウレス-4カルボン酸Na酸性石けん系の洗浄成分。低刺激ながらさっぱりと洗える。
サロン専売品に配合されるような高価な洗浄成分。
ココイルメチルタウリンNaタウリン系。アミノ酸に似た洗浄成分で、さっぱりと洗えながらも低刺激。
ラウリルベタインベタイン系。両性界面活性剤の1つで、低刺激で安全性も高い。髪のコンディショニング効果もあり。
ラウロイルサルコシンNaアミノ酸系だが洗浄力は強めで、一部の方には刺激性あり。
ラウロイルアスパラギン酸Naアミノ酸系の洗浄成分で、頭皮や髪をマイルドに洗える。低刺激で安全性も高い。
ラウロイルメチルアラニンNaアミノ酸系の洗浄成分。低刺激で髪や頭皮に優しい。
BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズの泡
美容師の大脇

洗浄力は強めですが、市販でありがちなサルフェート系ではなく、肌への刺激性が少ない処方でさっぱり洗いたい方に◎なシャンプーでした!

市販ではサルフェート系洗浄成分(ラウレス硫酸など)が配合されたシャンプーが多い中、ボタニストシリーズはサルフェートフリー処方なのがポイント。

シャンプー成分構成やサルフェート注意点を知りたい方はこちらをタップ!
シャンプーの成分構成の図解
シャンプーは洗浄成分が命!

シャンプーは約70%前後が水でできており、約20%が洗浄成分、残りの10%にコンディショニング成分や香料、防腐剤などが配合されてるイメージです。

つまりシャンプーでもっとも重要なのは「洗浄成分」であり、ここで全てが決まるといっても過言ではありません。

例えばカラーやダメージ毛を優しくケアしたい…そんな方はいくら補修、保湿成分が入っていても、もとの洗浄力が強めな処方だと色落ちや傷みが進行しやすいので注意が必要です。

また一般的な市販シャンプーは(コストが安く強洗浄力な)サルフェート系洗浄成分(ラウレス硫酸など)で構成されたものが多め。

さっぱり洗いたい方にはいいですが、頭皮や髪のバリア機能まで落としてしまう可能性もあり、トラブルの原因にもなりやすいため注意が必要です。

美容師の大脇

その点ボタニストシャンプーシリーズは、市販では希少なサルフェートフリー処方に◎

そのため頭皮をすっきり洗いたい方やフケが気になる方で「サルフェート系は避けたい…」なんて方に大のおすすめ。

仕上がりはサラッと軽めで、ヘアケアより頭皮ケア重視の方に◎

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ
仕上がり質感
サラサラ
なめらか
しっとり

ボタニストシャンプースカルプクレンズは商品名の通り、ヘアより頭皮ケアに重点を置いた処方になっています。

美容師の大脇

肌荒れを防ぎながら、頭皮環境を整えやすい成分がふんだんに配合されている!

ボタニストスカルプクレンズの主なコンディショニング成分

スクロールできます
シラカンバ樹液
ガラクトミセス/シラカンバ樹液発酵液
肌に潤いを与え、抗酸化作用もあり。
肌のターンオーバーを促し、バリア機能を高める効果もあり。
トウミツ
スフィンゴ糖脂質
保湿効果に優れ、肌に潤いを与えながら肌環境を整える。
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル植物由来の毛髪補修成分。傷んだキューティクルの補修効果あり。
加水分解野菜タンパク浸透性に優れ、指通りをなめらか&艶感UP。
グリチルリチン酸2K肌荒れやかゆみを抑え、肌環境を整える。
ローズマリー葉エキス抗酸化作用に優れ、肌環境を整える。
BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

そのため「すっきり洗いたいけど頭皮がカサカサしやすい…」なんて方には相性抜群なシャンプーになりやすいと感じました。

また仕上がりはサラッと軽めな質感で、ヘアケア目線ではやや物足りない印象もあり。

ボタニストシャンプースカルプクレンズを使用した仕上がり写真
ダメージ&カラー毛だとパサっとなりやすいかも…
美容師の大脇

どちらかというとメンズやショートヘア、健康毛向けで、カラー&ダメージ毛の方には△といったところ。

トリートメント主剤に刺激性が少ない第3級アミン塩を使用

BOTANIST ボタニストトリートメントスカルプクレンズ

ちなみにボタニストシャンプースカルプクレンズのトリートメントには(頭皮に刺激性の少ない)第3級アミン塩が主剤となってるのもポイント。(成分名はステアラミドプロピルジメチルアミン)

美容師の大脇

こちらはちょっとマニアックな話ですが、要は頭皮ケア向けとしてトリートメントも刺激性を抑えた処方になってるという意味です!

BOTANIST ボタニストトリートメントスカルプクレンズの成分解析
トリートメントは肌への刺激性を抑えた処方に◎

多くの市販トリートメント&コンディショナーは頭皮への刺激性が高い第4級アンモニウム塩が主剤になってます。理由は単純で髪へのコンディショニング効果が高いため。(髪にはいいが頭皮には避けたい成分)

その点ボタニストスカルプクレンズのトリートメントでは刺激性を抑えた第3級アミン塩が主剤になってるため、敏感肌の方でも使いやすい処方になってます。(市販ではなかなか珍しい!)

とはいえシャンプーには一部頭皮に刺激性ある成分もあるので注意

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズの液体

知っておきたい注意点としては、リニューアル後のボタニストシャンプースカルプクレンズには頭皮に刺激性ある第4級アンモニウム塩が追加配合されたこと。

第4級アンモニウム塩は髪のコンディショニング効果を高めやすいですが、頭皮には刺激性があり痒みやトラブル要因になりやすいので注意したい成分。

スカルプクレンズに配合の第4級アンモニウム塩
  • ジステアリルジモニウムクロリド
  • ベヘントリモニウムクロリド
BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズの第4級アンモニウム塩
シャンプー成分表のこれ!

上記は髪のコンディショニング作用は高いですが、殺菌効果や頭皮への刺激性も強めなため、痒みが出やすい方は頭に入れておきたい成分でもあり。

美容師の大脇

トリートメントでは刺激性を抑えた第3級アミン塩ベースとこだわりがあったのに、なぜ頭皮につけるシャンプーに第4級アミン塩を配合してきたのか…(謎)

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

そのためリニューアル前と比べ髪のサラサラ感は体感しやすいイメージですが、頭皮に痒みが出やすい方は気をつけてほしいところ。

実は同メーカーが開発してるYOLUシャンプーも同じ第4級アンモニウム塩を配合した処方に。そしてYOLUシャンプーが大ヒットした背景をうけ、ボタニストでも同じ処方に近づけてきたのかな?と…。(リニューアル後は全てのボタニストに配合)

リニューアルして何が変わった?

リニューアルしたボタニストシャンプーシリーズ
画像引用元

ボタニストシャンプーシリーズは2023年10月にフルリニューアルしましたが、変わった点をまとめるとこちら。

リニューアル後の変わった点
  • 一部の成分が追加配合
  • 内容量がやや減った 490ml→460ml
美容師の大脇

洗浄成分処方は大きく変わってないですが、一部コンディショニング成分が追加配合(入れ替わった)イメージです。

一部の成分が追加配合

ボタニストシャンプー リニューアル後の追加成分
画像引用元

ボタニストシャンプースカルプクレンズでは、下記の美容成分が新しく配合。(一部の成分と入れ替わったイメージ)

スカルプクレンズに追加配合の美容成分
  • トウミツ、スフィンゴ糖脂質 → 保湿効果に優れ、肌に潤いを与えながら肌環境を整える。
  • マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル → 傷んだキューティクルの補修効果あり。
  • ガラクトミセス/シラカンバ樹液発酵液 → シラカンバ樹液を培養した酵母発酵液で、地肌の潤い感UP。
  • ローズマリー葉エキス → 抗酸化作用に優れ、肌環境を整える。

また先ほども書きましたが、シャンプーのみでも髪の質感向上させるために下記の第4級アンモニウム塩も追加配合

スカルプケアに配合の第4級アンモニウム塩
  • ジステアリルジモニウムクロリド
  • ベヘントリモニウムクロリド
BOTANIST ボタニストシャンプースカルプケアの第4級アンモニウム塩
美容師の大脇

リニューアル後はよりまとまりの良さを体感しやすいイメージですが「頭皮ケア向けシャンプー」として見ると必要ない成分も増えたな…というのが本音でした。

内容量がやや減った 490ml→460ml

内容量が減ったBOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

こちらは残念な点ですが、以前は490mlだったのに対し、リニューアル後は460mlと内容量が少しダウンしてます。(全てのボタニスト共通)

【比較】ボタニストシャンプーシリーズの違いと選び方

リニューアルしたボタニストシャンプーシリーズ
画像引用元

ボタニストシャンプーのスタンダードラインは下記の5種類あり。

ボタニストシャンプースタンダードライン
  • スカルプクレンズ
  • バウンシーボリューム
  • スムース
  • ダメージケア
  • モイスト
美容師の大脇

種類が多いため「どれを買えば…」となりやすいですが、下記を参考に選んでみてください!

ボタニストシリーズの質感違い

リニューアルしたボタニストシャンプーシリーズの違い 比較表
画像引用元

おすすめ比較表

スクロールできます

スカルプクレンズ

バウンシーボリューム

スムース

ダメージケア

モイスト
頭皮ケアハリコシほしいサラサラなめらかしっとり
すっきり洗いたいふんわり感ほしい軽めな質感好き指通りよくしたい広がり抑えたい
健康毛健康毛〜ダメージ少なめ健康毛〜ダメージ少なめダメージ毛ダメージ毛
美容師の大脇

現在の髪質や仕上がり質感から逆算すると選びやすいです○

ボタニストシャンプー全5種類の違いやおすすめは下記でも詳しくまとめています。

スクロールできます

ボタニストシャンプースカルプクレンズの使用感レビュー

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

実際にボタニストシャンプースカルプクレンズを使用してみた感想がこちら。

使用感レビューまとめ

液体
透明。ちょうどいい粘度。
香り
控えめで爽やかな柑橘系の香り。
シャンプートリートメントが違う香りで、2回楽しめるのが嬉しい。
泡立ち

泡立ちはよし。
もっちりした泡で洗いやすい。
洗い心地洗ってる時の指通りがよいが、流し時〜流し後は軋み感あり。(筆者はブリーチ毛)
洗浄力
洗浄力は全体的に強めなので、すっきり洗いたい方に◎
仕上がり

仕上がりはサラッと軽め系!(写真はうねり毛の妻)
髪より頭皮ケア向けなので、まとまり重視の方にはいまいちかも。
総評
すっきり洗いながら頭皮ケアしたい方には◎なシャンプー。
ただ頭皮ケアというコンセプトではあるものの、頭皮に刺激性ある成分ありなのが気になる。
全体的には良かったが、コンセプトにそってるか?と考えると気になる点ありなので星4。
頭皮は200倍マイクロスコープでチェックしています

【口コミ】ボタニストシャンプースカルプクレンズ購入者の声をチェック!

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ&トリートメント

ボタニストシャンプースカルプケアを使用した方の参考になりそうな「口コミ」をチェックしてみました。

リニューアル後の口コミをピックアップしてます!

良い口コミ

スクロールできます

地肌のととのえよき、抜け毛ほぼなくなりました
地肌を整えたい人には向いていると思います。
私は髪の毛の毛先などカラー使用のため最後は
ヘアオイルを使ってサラサラにしてます。

Amazonより

髪の毛がサラサラになり、頭皮にも優しい感じがしました。リピート確定かな。

Amazonより

頭皮の汚れをしっかり落としてくれるシャンプーです。
このシャンプーをすると、翌日の夜まで頭皮の匂いも気になりません。
スッキリするのに潤いもあって、頭皮が痒くなることもありませんでした。
油分多めの自分には合っている感じです。

Amazonより

頭皮が気になるのでスカルプクレンズを使っています、カサツキが抑えられ髪の毛にもハリがでる感じ、日々の洗髪が気持ちよく行えています。

Amazonより

悪い口コミ

スクロールできます

私は合わなかったです。
乾燥がひどくなってしまいました。

Amazonより

髪はギシギシになるし、頭皮は痒いしであまり合いませんでした

Amazonより

【よくある質問】ボタニストシャンプースカルプクレンズのQ&A

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ&トリートメント
ボタニストシャンプースカルプクレンズはシリコンフリーですか?

シャンプーのみシリコンフリーです。

ボタニストシャンプースカルプクレンズの香りはなんですか?

シャンプーがみずみずしく爽やかなライムとリーフグリーンの香りで、トリートメントが清々しく澄みわたるグレープフルーツとセージの香りです。

爽やか柑橘系の香りで、シャンプートリートメントで別々の香りが楽しめるポイントあり。

ボタニストシャンプースカルプクレンズは1本でどれくらい使える?

1回2プッシュ(6ml)の計算で、約2ヶ月半使えるイメージです。(長さによって前後あり)

まとめ → ボタニストシャンプースカルプクレンズは頭皮をすっきり洗いたい方におすすめ

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ
ボタニストシャンプースカルプクレンズまとめ
  • すっきりした洗い心地が好きな方に◎
  • 仕上がりはサラッと軽めの質感
  • リニューアル後は頭皮に刺激性ある成分が追加
  • 痒みでやすい敏感肌の方は△
  • 個人的にボタニストで頭皮ケアするならルースラインがおすすめ
スッキリ頭皮ケア

実際に使ってみましたが、ボタニストシャンプースカルプクレンズはすっきり地肌汚れを落としたい方におすすめ。

美容師の大脇

ヘアケアより頭皮ケアに重点をおいたシャンプーなので、健康毛やショートヘア、メンズにおすすめしやすい!

BOTANIST ボタニストシャンプースカルプクレンズ

ただ注意点としては(髪のコンディショニング作用を高めるため)頭皮に刺激性ある成分も配合されてるため、人によっては痒みがでる可能性もあるため注意してほしいところ。

そのため「頭皮ケア」という点で考えると、個人的には同じボタニストのルースラインがおすすめ。(ルースシリーズも頭皮ケアに重点をおいたボタニストシリーズです!)

ルースシャンプシリーズ
地肌ケアがコンセプトのボタニスト ルースライン
美容師の大脇

ルースは地肌ケア目線で◎なバランスの優れたシャンプーでした!

ボタニストとルースシャンプーの違いや選び方は下記でも解説してますので参考にしてください。

当メディアは全ての商品を実際に使用し、美容師目線で正直にレビューしています。しかし記事内容は個人の体験談や感想をまとめたものであり、必ずや効果や安全性を保証するものではない事をご了承ください。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次